個人で通販サイトを運営するならAmazonか楽天のストアに出店するのが定番の手法です。

MENU

個人でも行える簡単なサイト運営

収益目的で個人でも行える簡単なサイト運営は通販サイト、アフィリエイトサイト、副業などの集客の3種類があります。
ブログや無料ホームページ作成ツールを活用する方法もありますが、独学による簡単な勉強でオリジナルサイトを作ることも可能です。
ワードプレスなど、プログラミング言語が分からなくても、簡単にページを作れるツールがあるので、やる気さえあれば未経験からでもチャンスがあります。

 

 

通販サイトの運営

通販サイト

小規模な個人事業主が通販サイトを運営する場合は、Amazonか楽天のストアに出店するのが定番の手法です。
大手ECサイトは手数料を取られるものの、抜群の集客力配送代行・配送業者の割引サービスなどがあります。
売れる商品さえ持っていれば誰でも簡単に利益を出せて、個人事業主でも適切な申請をすればストア出店の審査に通ります。

 

一昔前はセドリによるストア出品が流行しましたが、昨今は大手小売店が対策を強化するなどして環境が悪くなりました。
通販サイトは売れる商品を安く仕入れるノウハウが重要ですが、一部の中古サイトでは、ストアの権利と運営ノウハウ(仕入れルート)など、事業そのものをセットで売却するケースもあります。

 

 

アフィリエイト

アフィリエイトは、Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトなど大手ECサイトの商品を売るものから、ASP(アフィリエイトサービスプログラム)と呼ばれる業者を介して、広告案件を紹介して貰う方法があります。
狙うキーワードや商品、アフィリエイト案件にもよりますが、SEO対策やブログのランキングで結果を残せば手堅く利益を出せます。
PV数を稼ぐために、検索エンジンなどへ広告料を払った運営は、大半のケースが赤字になります。
運営コストを抑えてSEOやSNSの拡散でいかに集客できるかが成功のカギです。

 

ブログや無料ツールよりも、オリジナルのサイトを作った方が検索エンジンや閲覧者からも高く評価されます
新規ドメインを取得するよりもオールドドメインを使った方が成果がでるまで早いメリットがあります。
経験のない初心者がイチから始める場合は、収益化されている中古サイトを購入しても、適切な維持・管理ができないとサイトの評価と検索順位が下落してしまうので注意しましょう。
アフィリエイトに挑戦する場合は、自分の得意なカテゴリーで既存のネットの情報に負けないような内容を発信すると成功率が高まります。

 

 

副業の集客

副業の集客は、決まったルールや形がありませんが、主に本業か趣味を活かした副業が中心です。
たとえば、車の整備士をしている場合は、ユーザー車検代行やネットで買ったカスタムパーツやカーナビを安く取り付けるサービスを提供するサイトを作って集客します。
ほかにも、ハンドメイドアクセサリー製作や、趣味のカメラを活かして結婚式や記念行事のフリーカメラマンとして活動ヨガ教室の開催などがあります。

 

いずれも掲示板などのサービスを活用して集客や情報発信することはできますが、ホームページを持ってサービスの紹介ができると信頼性が高まり、成約率が高まります。
副業程度の小規模事業は、SEO対策をして集客するよりも、紹介や他のサービスを使って集客したユーザーに対して、信頼性を高めるためにサイト(ホームページ)を活用するとよいでしょう。
運がよければ、同じ業種ですでにデザインや構成ができあがって、簡単な文章変更だけで公開できる中古サイトが見つかるかもしれません。