中古サイト売買は適正相場で取引できるところを選びましょう。

MENU

サイト売買会社

 

パゲオクは中古サイトオークションですが、市場全体ではサイト売買業者による買取、販売、預託販売などの需要が高いです。
ここでは、中古サイト売買を得意にしている業者情報をまとめました。

 

主要業者(売買サイト)一覧

 

サイトM&A

http://www.sitema.jp/
売買仲介、買取、オークション等を幅広く扱い、好評のクイック査定サービスも完備

サイトキャッチャー

http://sitecatcher.net/
直接交渉プランと仲介交渉プランのシンプルな運営が特徴。業界最大級で常時売り案件が充実

サイトレード

http://www.site-trade.jp/
専任コンサルタントが手厚くサポートするWEB売買サイト

サイトストック

http://sitestock.jp/
仲介の特化したサービスでバラエティ豊富なサイト出品が特徴

サイト売買Z

http://www.site-z.com/
手数料業界最安水準で小規模サイトに強い

サイト楽市

http://www.site-rakuichi.com/
手数料完全無料の個人売買掲示板サービス

サイトバンク

http://sitebank.jp/
多くのサイト売却案件をまとめたサイト売却案件情報ポータルサイト

 

 

サイト売買会社も入れ替わりが激しい

 

サイト売買会社のイメージ画像

 

中古サイト売買市場は拡大していて、それに伴い売買会社も増加しています。
業者は乱立状態になっていて、新規オープンするところもあれば閉鎖するところもあります。
業者の供給過多に伴い、健全な営業をしている大手もある一方で顧客の足元を見て成約率重視の査定や価格交渉をする業者も増えています。
サイト売買で成功するには、利用する業者やサービスの見極めも重要です。
安く買うだけではなく、その後取得費用に見合う事業を展開できるかが重要です。
不安があれば高い手数料を払ってでもサポートが充実しているところを利用するとよいでしょう。
売る時もなるべく買い手が多くいて、適正相場をしっかり提示してくれるところを選びましょう。

 

 

拡大する市場でオークションの利用価値が増加

 

近年は業者が仲介をするサービスが主流ですが、買い手が増えていることで人気条件の揃ったサイトはすぐに売れてしまうケースも増えています。
つまり、好条件のサイトは買いたい人が増えているのでオークションを利用すれば競り上がる可能性が高まっています。
売買サイトの仲介サービスに比べるとパゲオクの市場規模は小さいですが、これから伸びていく注目のサービスです。
サイト売買オークションのパイオニアとして今後の成長を期待できるでしょう。

 

パゲオクなどオークションを利用する場合でも、まずはサイト売買サイトを見て相場を理解しておくことも大切です。
販売方式を問わず、買い手が集まるところを利用することが理想です。
パゲオクは2008年にスタートさせて10年目を迎えている老舗で着実に利用者を増やしています。
オークション形式ということもあり、売る場合は無難なサービスだと評価できます。

サイトを売買する人のケースについて詳しくはこちら