サイト売買で最も多いのは運用していたサイトが不要になったケースです。

MENU

サイトの売り手

 

サイト売買の売り手は以下のケースがあります。

 

・廃業による事業譲渡(主に収益サイト)
・サイトや事業の見直し
・転売目的のWeb業者(個人含む)

 

もっとも多いのは、何かしらの理由で運用していたサイトが不要になってしまったケースです。
たとえば店長を雇用してネットショップの運営を任せていたところ、店長が辞めてしまった場合、新しく人を雇って教育を行うよりも、事業そのものを売ってしまおうするケースがあります。
同様にアフィリエイトサイトの場合も、SEO対策のノウハウが豊富だった人が辞めたり体調不良で仕事ができなくなった時に、時間とともに検索順位が下がる可能性があるのであれば、早い段階で売ってしまった方がメリットがあります。
WEB業界はどんどん時代が変化していて、過去にビジネスとして成り立っていても競争の激化で潰れるところも多いです。
市場全体では成長しているため、辞める人以上に新しく始めようとする需要があるため、サイト売買そのものの需要も拡大しています。

 

また、会社のホームページを持つのは信用を獲得するために必要不可欠なものです。
廃業する会社のホームページにも価値があり、会社や事業を精算するときにホームページを売却するケースも増えています。
新規事業を起こす場合でもホームページは初期投資で必須と考える企業が多いため、すでに完成されたフォーマットのあるホームページを中古で買えば、新規にホームページ制作を依頼するよりも安く済みます。
つまりサイト売買は売ろうとしている人から始まったビジネスではなく、中古サイトを買おうとする需要があって普及しました。
従来は不要になったサイトはドメインとサーバーを解約して捨てることが一般的でしたが、時代の変化でサイトを処分する人が捨てるのではなく売るのが当たり前の時代に変化してきました。

 

 

 

サイト売買需要の拡大で転売を事業にする人も

 

パソコンのキーボードのエンターボタンがbuyになっている写真

サイト売買需要の拡大によって、中古を買うという選択肢が普及してきました。
良いサイトは高く売れるようになり、少しずつではありますがサイトの適正価値(相場)も明確になってきました。
こうした背景を受けて、転売を事業にする人も登場しています。
新しく転売用にサイトを作って一定期間運用してからパゲオクに売る人もいれば、評価の低い中古サイトを買って問題点を修正してから売る人もいます。
中古サイトは新規サイトよりも集客成果を得るための時間を短縮できるメリットがあります。
その業種であれば幅広い会社で使えるようなドメインを取得して新規サイトを作ったり、最初は運用目的で中古サイトを買ってみて、うまくいかなかったら見切りをつけて売却するなどやり方は人それぞれです。

 

 

まとめ

 

中古サイトには次のパターンがあります。

 

・価値のあるサイトを人事などの事情で売却した優良サイト
・今は価値があるけど、競合の登場など今後衰退することが濃厚なサイト
・廃業や転売目的で作られた流用性のあるサイト

 

売る人の目的や思惑もさまざまで、中古サイトは優良サイトと悪徳サイトがあります。
売主に悪意があるケースもあれば、何もわからずに売っている場合もあります。

サイト売買でのトラブル事例について詳しくはこちら