中古サイト売買に必要な情報をすべて認識しておきましょう。

MENU

取引の手順

パゲオクで取引する手順は、まずはアカウントを取得します。
料金は成約時のみ発生し、会員登録、出品、入札までは全て無料です。
会員登録すると、オークション閲覧もできるので、どんなサイトが出品されているかや相場をチェックしたい場合は、まずは気軽にアカウント取得まで進みましょう。

 

出品する手順

 

パソコンを打つ女性の手の写真

サイト情報とオークションルールを設定します。
サイト情報はなるべく詳細を記入すると買い手に好印象を与えられます。
どのように運営していて、主要なキーワードでの表示履歴、訪問者数、サイト運営期間などアピールポイントはしっかり記載しましょう。

 

1つのサイトだけではなく、多数のサイトやページをまとめて売却することも可能です。
オークションルールは、出品期間、スタート価格、即決価格などを任意設定します。
出品するサイトの需要を認識して適切な価格設定にすることが大切です。

 

 

落札する手順

 

検索機能か一覧より、取得したい中古サイト情報を絞り込みましょう。
それぞれのサイトごとにオークションルールが違うので、即決価格やスタート価格、期間もチェックしておきます。
気になるサイトがあれば入札を行い、終了時点で最高値入札をしているか、即決価格での入札をすることによって落札になります。
落札した時点でパゲオク手数料も発生する仕組みになっています。
落札時の手順やルールはヤフオクとほぼ同じイメージで問題ありません。

 

落札後

 

全てWEB上やメール等での取引になります。
落札したら、代金の支払いを行い出品者が確認したら、サイトの管理に必要なパスワード等を全て譲渡する流れになります。
取引ルールによっては先にサイト情報をもらって、内容が間違っていないか確認したのちに支払いをできる場合もあります。
支払い方法は、直接銀行振込を行ったり、パゲオクを介して取引するなど、様々です。
出品者が指定する場合や、複数指定した中で落札者が自由に選べるケースもあります。
落札したらサイト譲渡に必要な情報や、内容が出品時の記載内容と相違がないかすぐにチェックしておきましょう。
利用後は入札者、落札者ともに相手を評価して取引終了になります。

 

初めて利用する場合は、中古サイト売買に必要な情報をすべて認識していないと取引先からクレームが付いてしまうケースもあります。
トラブルが起こったときは、パゲオクのサポートも受けられます。
基本的には当事者同士のトラブル解決や交渉も可能ですが、悪質な取引の場合はパゲオクからアカウントの利用停止などのペナルティを科すこともできます。
運営会社はWEBデザイン、名刺印刷などを手がける、大手IT企業のアクトンセイクなので信頼性は高いです。